menu

パッケージデザインを依頼するときのポイント

HOME » グラフィックデザイナーへの依頼 » パッケージデザインを依頼するときのポイント

パッケージデザインを依頼するときのポイント

・パッケージデザインの依頼はデザイナーとの関係が重要
商品を売り出すときのパッケージデザインはとても重要になりますが、その依頼をデザイナーにする場合どのようなことが重要になるでしょうか?
まずパッケージデザインは今ほとんどの商品がグラフィックデザインを使用しているため、デザインするためには専門的な知識や技術、そして専用のソフトを用意しなければなりません。
したがって会社にグラフィックデザイナーが在籍していない場合は外注するのが一般的ですから、この問題はどこの企業も頭に入れておかなければなりません。

それではまずひとつめのポイントからお伝えしていきますが、デザイナーに依頼するうえでもっとも重要になるのはお互いの信頼関係で、ありきたりですが、ここがうまく成立していないと良い仕事はできません。
これは依頼する側とされる側であれば企業とデザイナーの関係に限らず、すべてのことに言えます。

・現在の関係性によってやるべきことは変わってくる
しかし信頼関係ははじめから築けるものではなく、継続的な付き合いを重ねることによって生まれるものなので、現在の関係によってやるべきことはお互いに異なります。
たとえばすでに長い付き合いがあって信頼関係を構築できている場合は、いつもの通りで!という具合に簡単な意思疎通ですべてが通じることもありますが、まだそれほど頻繁に依頼しているわけではない場合はある程度の要望は伝えておかなければなりませんし、細かい部分の調整は長い付き合いのあるデザイナーよりも必要になるでしょう。
また、まったく初めての状態で依頼する場合は最初からスケジュールを立てて、どのようなパッケージデザインにするのか打ち合わせを重ねていかなければなりません。

・信頼関係を崩さないために必要なこと
さらに一度構築された信頼関係だからといって何を依頼してもいいというわけではなく、継続的に良い関係を保つための努力をしなければなりません。
これはデザイナー側にも言えることですが、慣れてくるとどうしてもなあなあの関係になってしまうことがありますが、そうなってくるとちょっとした綻びがきっかけでトラブルに発展するケースもあります。
ですから常に信頼関係を継続していくためにもコミュニケーションを継続的に取っていくことは大切ですし、伝えたいことをその都度伝えていくようにしましょう。
それができれば良い関係を続けられるのではないでしょうか。